ハイレボ

高校生音楽オーディション ハイレボ HIGH SCHOOL REVOLUTION

応募締切

西尾芳彦氏インタビュー

音楽をはじめたきっかけを教えてください。

小学校5年生の時に近所の先輩がギターを弾いているのを見て、「何か面白そうだな」って思ってギターを借りて弾き始めたのがきっかけです。

音楽を意識して聴くようになったのはいつ頃ですか?

小学校3年生ぐらいの時に姉の影響で、ビートルズ、ピンクフロイド、サイモン&ガーファンクルなどをよく聴いていました。はじめは「何だろうこれは?」と思っていたんですけど、ずっと聴いているうちに耳に馴染んできて、日本の歌謡曲とは何かが違うなってことにある日気付いて余計にのめり込んでいきました。

初めてバンドを組んだのは何歳の時ですか?

中学3年生の時に友達に誘われたのが最初で、その時はビートルズとかクリーム(エリック・クラプトンが在籍)などのコピーバンドをやっていて、バンドの楽しみやステージで歌うことの楽しさを知って、高校2年の時に本格的に始めました。

プロを目指そうと思ったのはいつ頃ですか?

高校3年生の時に、卒業後の進路を考えるようになってその時に漠然とプロになりたいなと思いました。
大学でもずっと音楽は続けていて、あるオーディションに受かったのがきっかけでメジャーデビューしました。

初めて曲を作ったのは何歳の時ですか?

ギターを本格的に始めた高校2年生の時に、好きな女の子の為に曲を書きました(笑)

西尾さんにとって音楽とは?

唯一のアイディンティティというか、夢中になれたモノですね。
音楽始めた頃も今も音楽に対する精神的な部分は全く変わっていなくて今でも音楽に夢中です。
例えば良い曲を聴いた時の感動はいくつになっても変わっていないし、これからも変わることはないと思います。

音楽塾ヴォイスを設立したきっかけを教えてください。

「ヴォイス」というバンドでデビューした後、売れなくて一度音楽業界から身を引いて普通に会社員をやっていました。最初はどうしても自分は表に立つ人間だという意識が強くて、「売れなかった」という挫折感がものすごく強くて・・・

ヴォイスの教育方針を教えてください。

独りよがりの歌い方をしている人とか、人のモノマネの歌い方で終わっている人達には、今流行っているものだけを追いかけるのではなく、やはりスタンダードなものをしっかり覚えようと言っています。

はじめてYUIさんに出会った時の印象は?

楽器もできないし歌だってまだまだでしたが、目の強い子だと思いました。

YUIさんは何歳の時にヴォイスに入塾されたんですか?

15才の時にヴォイスに来たんですけど、お洒落に気を使う年頃なのに全く気にしていなかったのでそういう意味では少し変わった子だなと思いましたけど、本人はただ音楽以外に興味がなかっただけなんでしょうね。
自分に自信が有るのか無いのかわからないけど、人と比べてどうこうっていうことも全くなく、音楽の勉強だけに没頭している感じでした。

はじめて絢香さんに出会った時の印象は?

来た時にはすでに自分の世界観とか理想像をしっかり持っていて、相当歌唱力もあったので最初はびっくりしました。17歳でデビューするという目標も最初から決めていましたし。

西尾さんが「ハイレボに協力してくれた理由は何ですか?

僕も音楽だけはずっと続けることができたし、10代の頃は下手くそで、辛いことも楽しいこともたくさんあったけど、感動したこともたくさんあったのでそういう気持ちを1人でも多くの人に味わってほしい。
僕ができることは音楽を通じて夢を与えていくことだし、1人でも多くの高校生に夢を持ってもらいたい。
自分が本当にやりたいことが見つかっていない人にとって「ハイレボ」が1つの選択肢になれるんじゃないかと思い参加しました。

高校生の皆さんから募集したメッセージをもとに西尾さんが歌詞を仕上げるんですよね?

はい。テーマを提示して皆さんから募集したメッセージやキーワード、フレーズなどを僕が受け取って1つの歌詞を仕上げていきます。僕もたくさん刺激を受けるだろうし、皆の気持ちがちゃんと乗っかって、伝わる歌詞を作り上げたいです。

歌手を目指している人にアドバイスをお願いします。

1つは自分の歌に対して厳しいことを言ってくれる人を常に自分の周りに置くことです。
仲の良い友達の前で歌って褒められてもそれは本当の評価ではないはずです。逆にアウェイの場で歌って褒められたらそれは本当の評価だと言えるでしょう。厳しいことを言われても真剣に耳を傾けて素直に受け入れることが大切です。
もう1つは今流行っている音楽やアーティストだけを目指さないということですね。
今流行っているものだけを勉強しても上辺だけの薄っぺらなものになってしまうので、そのアーティストが目指しているアーティストなどのルーツを辿って勉強することをオススメします。
20年前の曲だって今聴いても古臭くない曲もたくさんあります。一時で消えてしまうアーティストではなく本物のアーティストを目指すのならそういう部分も勉強することをオススメします。

「ハイレボ」に応募する際のアドバイスはありますか?

誰かのモノマネをして歌ってもそれは自分ではありません。それよりも自分自身を全面に出して歌ってほしいと思います。
また、女性なのに男性のような声であったり、男性なのにすごく高い声が出たりなど人前で歌って少し恥ずかしい思いをしたことのある人も、個性は最高の武器ですから自信を持って応募してください。
楽しみにしています。