ミルク割り人形 深沢さんへの質問バトン

深沢さんに質問バトンにお答えいただきました!
●初めて小説を読んだのはいつですか?
「さぁ……。絵本は幼稚園のときから好きでした。小学校に入って、だんだん絵が減っていき、字が小さくなっていった、と」

●その小説のタイトルは?
「小学生の頃に読んでいた小説のタイトル、ですか? 『かいぞくポケット』とか(笑)。中学年ぐらいからは、青い鳥文庫にハマって。ああ、あと、『おちゃめなふたご』シリーズが好きでしたね。コバルト文庫を読み始めたのが小学校6年生、かな」

●好きな小説のジャンルは?
「ホラー以外なんでも読みますけど、最近、ミステリィが多いですね」

●もっとも影響を受けた小説を3つ教えてください。?
「決められません。なので今深沢の家の本だなにある(=実家から東京まで持って来た)本の中で、読み返した回数が多い本を3冊挙げてみます。 スカイ・クロラ 森博嗣著 的を射る言葉 森博嗣著 侏儒の言葉・西方の人 芥川龍之介著 でも、この3冊はただ好きなだけですね。影響を受けるには、深沢の位置が低過ぎます」

●一番最近購入した小説はなんですか?
「村上春樹著の『ノルウェイの森』です」

●小説を執筆していて、一番「筆が進む」のは何時頃ですか?
「21時〜25時ぐらいでしょうか」

●小説のタイトルを決めるときに心がけていることはありますか?
「声に出してうまく響くかどうか、字にして綺麗かどうかか」

●携帯小説を書くときに心がけていることはありますか?
「当たり前ですが、携帯から読みやすいようにすること。携帯の小さい画面に難しい字が詰まっていると読む気が失せるだろうし、だからといって過度に改行したり記号を使い過ぎたりすると安っぽくなる。適度に、バランスがとれるように気を付けています」

●読者からの反応で、今まで一番うれしかったものはどのようなものでしたか?
「別に反応して頂けたらなんでも嬉しいですが。特に嬉しかったのも、あることにはありますが、それはもらった者の特権として、誰にも教えたくないです(笑)」

●読者からの反応で、今まで一番ビックリしたのはどのようなものでしたか?
「あんまり驚くようなのはないかな。でも、例えば、登場人物が『チョコレートが好きなやつは馬鹿だ』と言ったのを読んで、『私はチョコレートが好きなので馬鹿にされた気分です』みたいな反応をする方がたまにいます。そういうのにはびっくりするというかなんというか」

●恋人に「書いた小説が読みたい」と言われたらどう切り返しますか?
「『やめておいた方がいいと思う』と、真面目な顔で」

●ご両親に「書いた小説が読みたい」と言われたらどう切り返しますか?
「『読んだあとで、読んでいないふりができるのなら読めば』、と」

●今の「夢」を教えてください。
「『トランキライザー中毒』という物語(以前Empty Insideに置いてあった話です)を、なんとかして形にすること」

読者の皆さんからの質問に
深沢さんが答えてくれました!
3I特設応援サイトTOP
3Iコバルト×フォレスト TOP

(C)フォレストページ